• Home バンクイックの審査が通らないのはコレが原因だった

バンクイックの審査が通らないのはコレが原因だった

バンクイックに申込む前に、どんな要素が原因で審査に落ちる可能性があるかについて知っておくなら、あらかじめ対策ができます。審査にマイナスに影響する3つの要素を把握しておきましょう。

 

1.年収に対して希望額が多すぎる

バンクイックは銀行カードローンなので、消費者金融のカードローンと違い、総量規制対象外です。つまり、年収の3分の1という枠にとらわれずに借入ができるということです。これは大きなメリットと思えるかもしれませんが、自分の返済能力を考えずに希望借入額を多めに設定すると、審査の際にマイナスポイントになる可能性があります。

 

それで、バンクイックは総量対象外とはいえ、借入の限度額の目安として、年収の3分の1を念頭に置いておくと良いかもしれませんね。そうすることで審査に通る可能性を高めることができるだけでなく、実際に借入ができた場合、無理のない返済を続けることができます。

 

2.他社での借入やローンがある

他社での借入の有無は審査に大きく影響するポイントだといえます。バンクイックは銀行カードローンなので、消費者金融の借入は関係ないと考えがちですが、実は両者が両社が紹介する個人情報は同じです。ですから、個人情報を確認すれば、現在どれぐらいの借入があって、どのような返済を続けているか一目で分かってしまうのです。借入件数や金額が多ければ多いほど、審査が難しくなります

 

3.属性が悪い

当然のことですが、年収が少なければ審査が難しくなります。審査のポイントは、毎月確実に返済できる能力があるかどうか、ということなので、勤続年数が短いとマイナスポイントになる可能性があります。また、ごくまれに勤務先が倒産の危機にあって、それを知らずに審査に申込んだけど通らなかったという場合もあるようです。自分自身だけでなく、会社の属性も審査に影響してきます。

 
これらの点を考えると、バンクイックの希望限度額は年収の3分の1におさえること、借入件数をなるべく減らしておくこと、安定した職場に勤めることが審査に通るために必要な事といえます。